トップページ > 一人暮らしの部屋選び >  申込みから契約まで

申込みから契約まで

住みたい部屋が決まって申し込み、大家さんなどによる審査が通れば賃貸契約にうつります。

大家さん、仲介業者との契約で重要な部分となってきますので、しっかりとポイントをおさえておきましょう。

また、解約時に揉めないように、敷金等の返還条件についても必ず確認を忘れないようにしておきましょう。

申し込み

住みたい部屋が決まったら、不動産会社に入居の申し込みをしましょう。

遠方の場合は、不動産会社のホームページから問い合わせて申し込む方法の方が簡単です。

入居申し込みには、住所、氏名、勤務先、月収などを記入します。

未成年や学生の場合は保護者の承諾が必要なので、親には必ず説明しておきましょう。

このページのトップへ↑

申し込み金

申し込みをする際に、1万円程度の申し込み金が必要な場合があります。

その場合は、預り証を受け取っておきましょう。

契約成立時の契約金の一部となりますし、キャンセルした場合でもお金はしっかりと戻ってきます。

このページのトップへ↑

契約に必要なもの

申し込みを終え、審査が通れば契約へとうつります。

契約には住民票、保証人の印鑑と証明書、学生証、源泉徴収票、印鑑、契約費用等が必要です。

契約を行う前に、忘れてないか確認しましょう。

このページのトップへ↑

敷金返還

原状回復の基準や支払いの割合は様々です。

そこの部分が曖昧な状態で契約してしまうと、退去時に敷金が戻らなかったり、余分にお金を支払わなくてはならなくなったりします。

契約の前に確認しておかないと、いざ解約の時に揉める事もあるので、必ず契約前に確認するようにしましょう。

このページのトップへ↑

解約の申し入れ

部屋を解約したい場合は、いつ、どこに、どのように連絡をすればいいのかの確認をしておきましょう。

普通は、1ヶ月前までに不動産屋へ申請する必要がある場合が多いです。

このページのトップへ↑