トップページ > 一人暮らしの部屋選び >  物件確認の注意点

物件確認の注意点

条件に合う部屋が見つかったら、下見に行きましょう。

間取図だけではわからないことがたくさんあるので、しっかりと確認しましょう。

ここでは物件を下見する際に必ずチェックしたいポイントをわかりやすくあげていきます。

特に水場と日当たりはよく見ておきたいポイントです。

水場

好みにもよりますが、バスとトイレは別となっているものが人気です。

ただし、値段も高くなるので、特に気にならない人はユニットバスの物件にしましょう。

バスには追炊き機能があるととても便利です。

バスは、カビなどに悩まされないよう換気扇か窓があるかどうかをしっかりと確認しましょう。

このページのトップへ↑

収納

クローゼットは、奥行きや高さをしっかりと把握しておきましょう。

柱などが隠れていたりすることもあるので、扉を開けてしっかりと確認をしましょう。

そして、靴箱があると玄関周りがスッキリして便利です。

このページのトップへ↑

エアコン

エアコンは自分で買うと高額なので、元々ついている物件がおススメです。

そして、コンセントの数と位置も把握しておくと生活する上で不便がなくなります。

アンペアも併せて確認しておきましょう。

このページのトップへ↑

日当たり

一番日当たりがいいのが南向きの部屋ですが、多少高くなります。

東向きの部屋は午前中、西向きの部屋は午後に日が入ります。

北向きの部屋はあまり日が入らないので安いですが、じめじめしている事が多いのでなるべく避けましょう。

午前中に日がさす東向きの部屋を選んで、洗濯物を干してから授業に出かけるというスタイルが家賃も抑えられておススメです。

このページのトップへ↑

窓の位置

窓の数は必ず確認しましょう。

2ヵ所以上あると、明るくて風通しもよくなるのでオススメです。

そして、カーテンがついているかどうかも、下見する時の盲点となっているため忘れずに確認しましょう。

このページのトップへ↑