トップページ > 一人暮らしの引っ越し >  引っ越し前後の手続き

引っ越し前後の手続き

住民票の移動や電話の新設、電気・水道・ガス会社への連絡と引っ越し前後の手続きは結構大変です。

中には、電話やインターネットで済ませられるものもありますが、最低限のことは把握しておくほうが何かあったときに役立つでしょう。

ここでは、引っ越し前後の手続きの仕方をわかりやすく紹介します。

引っ越し前

市区町村役場へ転出届けを提出し、転出証明書をもらい住民票を移します。

同じ市区町村内での引っ越しならば、転居届けだけでOKですが、上京する場合は「転出届→転出証明書」の流れは必要になってきます。

郵便局にも転居届けを提出していれば、転居前の住所に届いてしまった郵便物を1年間は転居後の住所に転送してくれます。

電気・水道・ガス会社はすぐに使えることがほとんどですが、管轄の営業所へ事前に連絡しておくことが大切です。

電話は、携帯電話があればわざわざ物件に新設しない人も増えていますので、問題ありません。

このページのトップへ↑

引っ越し後

まず転入後、14日以内に役場に行き、転入届を提出しましょう。

健康保険や年金の住所変更、厚生年金は勤務先への提出となります。

県外から引っ越してきた場合は、運転免許証も、証明写真が必要になるので、免許センターで更新手続きをしておきましょう。

そして、銀行やクレジットカードなどの住所変更も必要です。

ほとんどの場合は電話やインターネットで済ませることが可能です。

このページのトップへ↑

大家さんや近隣へのご挨拶

引っ越し前日か当日に、大家さんや管理人、集合住宅であれば両隣と上下の部屋へご挨拶に行きましょう。

ただ、防犯面を考え、事前にどんな人が住んでいるのか確認してから行くのがオススメです。

手土産は500円から1000円が相場で、好みがあまりないお菓子や洗剤などの消耗品がいいでしょう。

そして、引っ越しが落ち着いたら、早めに転居案内のハガキを発送しましょう。

このページのトップへ↑