トップページ > 一人暮らしの引っ越し >  荷物の準備

荷物の準備

引っ越しが決まったら、荷造りが必要です。

荷造りに必要な段ボールは、引っ越し業者が無料でくれる場合も多いので、見積もりを出す際にチェックしましょう。

荷物にはそれぞれ適した扱い方があり、破損を防止したり、効率よく詰められるようにコツを覚えていると安心です。

ダンボールはみかん箱サイズ

ダンボールは業者が用意してくれることがほとんどですが、自分で用意する場合はみかん箱くらいのサイズが手ごろです。

大きすぎると荷詰めしにくかったり、重くて運びづらくなったりと逆に不便です。

大小の2種類あるとさらに便利です。

そして、詰め込む際には普段つかわないものから入れていきましょう。

引っ越し後に荷物を解く際に、普段使うものが一番上にあるとすぐに取り出せます。

このページのトップへ↑

冷蔵庫

前日までにスイッチを切って霜取りをしておくのを忘れないようにしましょう。

荷物が水浸しになったり、故障の原因になってしまいます。

引っ越し後も念のために、1時間くらい経ってからコンセントを入れるようにしましょう。

このページのトップへ↑

タンス

引き出しはしっかりテープで留めておきましょう。

それほど大きくない引き出し類は、中身が入ったままでも運べるので、中身が飛び出さないようテープで留めると便利です。

このページのトップへ↑

パソコン

パソコンのような精密機器は、購入時の箱に詰めるのが一番良いでしょう。

そして、念のためのバックアップを取っておくといいです。

接続ケーブルなどの差込口にテープで合番をつけておけば、引っ越し後に配線で迷わずに済みます。

このページのトップへ↑

洋服

ハンガーにかけてある洋服は、そのまま箱に詰めた方がシワになりにくいです。

業者によっては、ハンガーかけ用の運搬ボックスを用意してくれるところもあるので、確認してみるといいでしょう。

このページのトップへ↑