トップページ > 一人暮らしの部屋選び >  情報収集の方法

情報収集の方法

住みたい家の条件が決まったら、部屋探しをスタートしましょう。

住宅情報誌やインターネットで探したり、不動産屋で紹介してもらったりと探し方は様々です。

住みたい町が決まっている場合は、地元の不動産会社が地元だけにわかる情報をもっていたりするのでオススメです。

インターネット

インターネットのメリットは、住みたい場所が家から遠くても探せるという点です。

地方から上京する際に、インターネットは大きな武器として力になってくれます。

不動産会社のホームページなどでは、希望条件を選択するとそれに該当する物件がリストアップされるシステムが導入されていたりと、部屋探しがとても楽になります。

電話対応も実施してるところがほとんどですので、わからないことがあれば問い合わせして確認をとりましょう。

このページのトップへ↑

物件チラシや賃貸情報誌

エリア別や沿線別に掲載されている住宅情報誌もとても便利です。

住みたいエリアの一般的な相場を確認できたり、そのエリアの不動産会社を知ることができ、部屋探しがスムーズになります。

賃貸情報誌やチラシで不動産会社を調べてから、訪問してみる方法は一般的です。

ただし、チラシや地域の賃貸情報誌は、住みたい場所が遠い場合はなかなか手に入らないので注意しましょう。

このページのトップへ↑

地域の不動産会社への訪問

住みたいエリアの雰囲気を下見にいくと共に、実際にその地域の不動産会社へ行ってみましょう。

不動産会社自体の様子も見れますし、物件情報を見ることでその地域の相場を確認することができます。

希望条件を言えば、部屋を紹介してくれますし、その日に条件合う部屋が見つからなくても、合う部屋が出てきた際に連絡を入れてくれたりします。

ただし、現在住んでいるところから遠い場所に引っ越しをする場合は、その地域の不動産会社への訪問はかなり大変です。

距離があるところへの引っ越しを検討している人は、必ずインターネットを活用するようにしましょう。

このページのトップへ↑