トップページ > 部屋探しの基礎知識 >  契約時にかかる費用

契約時にかかる費用

部屋を借りる時には、家賃以外にも様々な料金が発生します。

敷金、礼金、仲介手数料、それに保険料や前家賃等をまとめて払うのが一般的です。

それぞれの金額には「家賃〇月分」となっており、合計すると家賃の5-6か月分程度になる場合が多いです。

地方によっても違いがあり、関東では敷金と礼金の両方がある場合が多いですが、関西では、礼金がない代わりに敷金の相場が関東より高い事が多いです。

また、関西では、退去時に敷金の数か月分が自動的に引かれてしまう事も多いので、頭に入れておきましょう。

敷金

【相場】 
家賃の1-3か月分 (関西では家賃の5-6か月分)

【用途】
家賃を滞納したり、部屋の修理が必要になった時のための、大家さんに預けておく為のお金です。退去する時に返してもらえる事になっていますが、部屋の修理が必要な程の傷をつけてしまったりした場合、修理費用が敷金から引かれてしまいます。 

このページのトップへ↑

礼金

【相場】
家賃の1-2か月分 (関西では無し)

【用途】
入居する時に家主さんに支払うお礼金です。退去する時に反してもらえないのが一般的ですが、最近では礼金無しの物件も増えています。

このページのトップへ↑

仲介手数料

【相場】
家賃の1か月分

【用途】
物件を紹介してくれた不動産会社に払う手数料。

このページのトップへ↑

保険料(火災)

【相場】
15000円前後

【用途】
大家さんが指定する火災保険への加入料。家財保険とセットになっている事も多いです。賃貸契約を更新する際に、保険も更新する事になります。

このページのトップへ↑