トップページ > 部屋探しの基礎知識 >  季節による違い

季節による違い

引っ越しが一年で最も需要があるのが、春先です。

春は進学や人事異動等で最も人の動きが激しい季節なので、引っ越しの料金も高くなりがちです。

対して、6月から8月位までが引っ越しのオフシーズンと言われており、家賃の相場も下がります。

したがって、出来るだけ時期をずらして引っ越した方が料金は安くなります。

春先の引っ越し

1年で最も多くの物件が出回るのが、1-3月頃です。

企業の人事異動や、学生の入学や進学で引っ越す人が多くなるので、多くの物件が出回ります。

ただし、空き物件と同じくらい、新しい部屋を探している人も多いので、いい物件を見つけたらすぐに申し込むようにしましょう。

不動産会社も混みがちになるので、春は出来るだけ早めに行動を起こすようにした方が賢明です。

このページのトップへ↑

引っ越しのオフシーズン

6月から8月位までは、引っ越しのオフシーズンと言われており、春先に比べて家賃も引っ越しの料金も下がります。

ただし、春先に比べて物件の数は少なくなりがちなので、注意が必要です。

また、この時期は、不動産会社も春先に比べて余裕があるので、親身に相談に乗ってくれる事が多いです。

じっくりと引っ越し先を探したい人はオフシーズンの引っ越しを検討してみましょう。

このページのトップへ↑